レディ

サービスの質が充実している老人ホームを探す【コツを大公開】

老人ホームに入る時の流れ

車いすを押す人

見学や体験入所を利用する

高松で有料老人ホームを利用するときには、申し込みから入居するまでの流れを知っておくことが大切です。高松には数多くの有料老人ホームがあり、施設によって自分に合わない事があるため、施設を利用するときには問い合わせをして見学を行います。見学では施設や入居者の雰囲気を確かめる事ができますし、不安に感じている事を色々と相談できます。施設によっては体験入居を行っているため、高松で有料老人ホームを利用するときには、そういったサービスを利用します。体験入居は最長で1週間程度の利用が可能なので、その期間にサービスやスタッフの質や食事の内容などを確かめます。一般的に高松の有料老人ホームは格安で体験入居を利用できるため、複数の施設を実際に体験して選ぶときの判断材料にします。見学や体験入居を行って、気に入った有料老人ホームが高松で見つかったら、入居の申し込みを行います。入居の申し込みは仮申し込みになるため、この時点ではキャンセルしても別に費用は取られません。有料老人ホームによっては、申し込みのときに仮押さえができる事があるため、入居を前提としているときには仮押さえをすることが大切です。申し込みが終わったら入所するために必要な書類を準備する事になり、施設が指定した書類を作ります。高松の有料老人ホームは入所するときに、健康診断書が必要になることが多いため、入所を急いでいる時には健康診断書を早めに手配しておきます。書類が全部揃ったら有料老人ホームと契約を結び、重要事項説明を受けてから施設へ入所します。